クラリネットスプリングコンサート

5日、クラリネットスプリングコンサートを無事開催することがでました。


SNSなどでご案内したところ、5名の方が来てくださいました。

会場は100名入れる会場でしたが関係者とあわせて20名ほど、スペースにも余裕のある状態でできました。


今回はクラシック以外の曲をひとつ必ず入れるという課題を出しました。「うたう」ことを意識してもらえたらと思っていますがそれぞれの個性がハッキリでて楽しく聞きました。

それと、クラリネットの専門的な曲の時と会場の雰囲気が全然変わって聞いている方も楽しんでいるのが分かり、それも良い点でした。


そして、本番があるというのは大事なことです。みんな口々に「演奏できて良かった」と言っていました。


私は国立音楽院の学生で作曲を勉強している近藤碧くんに書いてもらった新曲「舞」と仲沼君に去年書いてもらって演奏する機会がなかった「いつもの道」を演奏しました。緊張しましたが人前で演奏できる幸せを噛み締めました。


最後にフルートの渡辺珠希さんと「蝶々夫人」長大なメドレーを。

どこをとっても素晴らしい作品でした。また演奏したい曲です。


このような状況での開催には迷いもありましたができて本当に良かったと思っています。




55回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

助成金

今日、仙台市市民文化事業団に出していた助成金の採択の結果の連絡がありました。 無事採択されました。 10月にリサイタルをします。 詳細は近いうちに発表したいと思います。

練習の仕方

少し前、Twitterでこのようなツイートが流れてきました。 なんかの論文を読んだことがあるんですが、 “早いパッセージ” の練習は あり得ないほど遅く♩=40で何度も繰り返して手に感覚として馴染ませれば、 早く弾く練習って一切いらないって....書いてありました。 それを試したら、本当にそうでした。 以上転載 モトは https://twitter.com/mynamestsukasa/stat