リサイタル情報公開します!

更新日:2021年8月28日

10月9日に仙台市青葉区錦町のN-ovalサロンでリサイタルを開催します。


ピアニストは猪股久智君。いまは東京で勉強していますが仙台二高在学中は私のところにクラリネットを習いに来ていました。クラリネットも熱心で、県のソロコンテストでもバッハホール賞をもらうほどの腕前でした。


そして、今回の目玉はこの日のために4人の作曲家に委嘱作品をお願いしました。

鳴子在住で岩手大学の大場陽子先生、いつもお世話になっている宮城純一先生、門脇治先生、それに、国立音楽院の学生で作曲を勉強している近藤碧君。

それぞれに個性的な作品を書いてくださいました。

また、昨年委嘱した福島の仲沼祐太君の「いつもの道」も演奏します。

そのほかかプーランクのソナタや今やソロコンの定番として定着した「ファリャへのオマージュ」、ジャンルを超えた活動をしているデリベラにラテンな雰囲気の「3つの小品」から2曲。今年はアニバーサリーで流行っているピアソラの作品から「アヴェマリア」を。


大場先生の作品とピアソラではうちの奥様にも入ってもらいます。


会場はとても素晴らしいサロンで音響もよく、とても楽しみです。ただ、大きくないので席数限定です。


ご予約、お待ちしております。


追記 日付が間違っていたので修正しました。失礼しました。




閲覧数:110回0件のコメント

最新記事

すべて表示

昨日、生徒さんの訃報が届きました。 高校の大先輩でもあり、熱心な生徒さんでした。 本当にクラリネットが好きで、楽器やマウスピースの話をいつも本当に楽しそうにされていたのが思い出され、辛くなります。 3年前から難病との闘病生活だったそうです。 確か、最後に出た発表会ではサン=サーンスのソナタを演奏されていました。 謹んでご冥福をお祈りしたいと思います。

実は思うところがあり、先月からFacebookをスマホから削除していました。 いわゆるSNS疲れというやつです。 週1ぐらいでMacから見るだけにしていましたが今日、思い切って利用解除しました。 このままアカウントを削除することも考えましたがFacebookだけで繋がっている方も多く、messengerだけでのやり取りの方も少なからずいるため、とりあえず残すことにしました。 Twitterは細々と