古川シンフォニックウインズについて

3年前からお世話になっている古川シンフォニックウインズの来年度への打ち合わせがありました。


一応この春で最初の任期を満了し、ありがたくもまた3年間、お世話になることになりました。

そして、肩書きが「音楽監督」になります。やることの内容は変わりません。ですが新たにトレーナーを迎えて指導陣が増えたので上に押しやられた、という感じでしょうか。それでも、バンドの音楽面に対して責任を負うことには変わらないので肩書きの大きさに負けぬよう精進したいと思います。




26回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

師走となり

11月後半から12月前半までなかなかに忙しく過ごさせていただきました。 アンコン、ソロコンも近くなってきたのでレッスンのご依頼もいただき、各地にお邪魔しています。 その合間に文化庁などの本番もありました。気仙沼に2回のほかいわき、会津での本番。そして、11月28日には古川シンフォニックウインズの第40回定期演奏会もありました。 今年はトレーナーの石郷岡先生の指揮する曲を分けての演奏会でした。 メン

リサイタルの動画②

リサイタルの動画の続きです。 宮城純一作曲 ラプソディをこわしちゃった 様々な「ラプソディ」を散りばめたとても楽しい曲です。 大場陽子作曲 「音楽」 石器時代の「音楽」の始まりから縄文時代の猛獣退散の儀式、そして弥生時代の五穀豊穣を祈る神楽の3曲からなる組曲です。 最初の曲では石や枝を叩いています。

リサイタルの動画①

10/9に開催したリサイタルの中から新曲4曲をYouTubeにアップしました。 とりあえず2曲 印刷〜雨の香り 幻想的な雰囲気の作品です。中間部の5拍子がカッコよくてお気に入りです。 くらりひょん 無伴奏ですが随所に面白い工夫があり、面白い作品です。