高橋大介くんのリサイタル

4月4日、登米市の水の里ホールで高橋大介くんのリサイタルがあります。


高橋くんとの出会いは彼が小学生の時です。登米市の「はさま吹奏楽団」の定期演奏会の中で地元の子供達のステージをはじめた時だったと思います。その時はバスクラを吹いていましたがその後中学校でクラリネットに楽器を替えました。彼が通っていた石越中学校には合奏指導に行っていたのですが中3のソロコンのあたりからは個人レッスンにも来るようになりました。その後は佐沼高校に進学。高3の時には県のソロコンテストで河北新報社賞(その年の高校では1位でした)を受賞しました。その後は1浪して尚美に入学。私の後輩となりました。尚美では美里町出身で私とは同門の後輩でもある読売日本交響楽団の芳賀史徳先生にお世話になりビシビシと鍛えられたようです。毎年のクラリネット キャンプにも来てくれて成長を見るのを楽しみにしていました。

 尚美を卒業するときには優秀者としてヤマハ新人演奏会でも演奏。その時は東京まで応援に行きました。


とにかくクラリネットが好きで真っ直ぐな高橋くんが故郷の登米で晴れの舞台です。


私も応援に行きます。がんばれ〜



190回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

リサイタルの動画②

リサイタルの動画の続きです。 宮城純一作曲 ラプソディをこわしちゃった 様々な「ラプソディ」を散りばめたとても楽しい曲です。 大場陽子作曲 「音楽」 石器時代の「音楽」の始まりから縄文時代の猛獣退散の儀式、そして弥生時代の五穀豊穣を祈る神楽の3曲からなる組曲です。 最初の曲では石や枝を叩いています。

リサイタルの動画①

10/9に開催したリサイタルの中から新曲4曲をYouTubeにアップしました。 とりあえず2曲 印刷〜雨の香り 幻想的な雰囲気の作品です。中間部の5拍子がカッコよくてお気に入りです。 くらりひょん 無伴奏ですが随所に面白い工夫があり、面白い作品です。