3月11日

いうまでもなく東日本大震災から10年。


今日その時間は昨年と同じように家族で名取市閖上の「かわまちてらす」へ行きました。

NHKの生放送もそこで行われていたようです。もしかしたら背景にちょっと写ったかもしれません。


14:46は名取川の河口近くの土手でサイレンと共に黙祷して、その後献花ました。

涙が出ました。


ここは一つの通過点でしかなく、また同じような生活が続くのですがひとつ自分のなかで氷が溶けたような感覚がありました。震災前は音楽や自分の仕事について迷いがなかったのですが震災以降はずっと迷いながらの音楽活動でした。周囲にはあまりそのようには見えなかったかもしれませんが内面ではもがき続けた10年間でした。


でも、今日息子と名取川の河口に向かって走りながらそろそろ迷わなくていいんじゃいか、と思えました。


活動は相変わらず厳しいですが次の10年はもうちょっと納得して活動していたいものです。



26回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

リサイタルの動画②

リサイタルの動画の続きです。 宮城純一作曲 ラプソディをこわしちゃった 様々な「ラプソディ」を散りばめたとても楽しい曲です。 大場陽子作曲 「音楽」 石器時代の「音楽」の始まりから縄文時代の猛獣退散の儀式、そして弥生時代の五穀豊穣を祈る神楽の3曲からなる組曲です。 最初の曲では石や枝を叩いています。

リサイタルの動画①

10/9に開催したリサイタルの中から新曲4曲をYouTubeにアップしました。 とりあえず2曲 印刷〜雨の香り 幻想的な雰囲気の作品です。中間部の5拍子がカッコよくてお気に入りです。 くらりひょん 無伴奏ですが随所に面白い工夫があり、面白い作品です。