初心

初心忘るべからず

よく聴く言葉ですが、これはもともと世阿弥の言葉なのだそうです。

初心、というのは最初の志、と思われがちですが実は世阿弥の言う「初心」とはもっと深くて、未熟であったときの試練や失敗こそが「初心」なのだそうです。

夢を持つことを忘れない、といったニュアンスのものではなく、試練や失敗したときのこと、そして、どう乗り越えたかということ忘れてはいけない、という意味。

そして、人生には若年。中年、老年と3つの「初心」がある、とも言っているそうです。

人生それぞれに試練や失敗があり、それを糧にして成長しなさい、ということですね。

有頂天になったり、落胆したりといろいろなことがありますがこの「初心」を忘れないようにしたいものです。

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

助成金

今日、仙台市市民文化事業団に出していた助成金の採択の結果の連絡がありました。 無事採択されました。 10月にリサイタルをします。 詳細は近いうちに発表したいと思います。

練習の仕方

少し前、Twitterでこのようなツイートが流れてきました。 なんかの論文を読んだことがあるんですが、 “早いパッセージ” の練習は あり得ないほど遅く♩=40で何度も繰り返して手に感覚として馴染ませれば、 早く弾く練習って一切いらないって....書いてありました。 それを試したら、本当にそうでした。 以上転載 モトは https://twitter.com/mynamestsukasa/stat