初心

初心忘るべからず

よく聴く言葉ですが、これはもともと世阿弥の言葉なのだそうです。

初心、というのは最初の志、と思われがちですが実は世阿弥の言う「初心」とはもっと深くて、未熟であったときの試練や失敗こそが「初心」なのだそうです。

夢を持つことを忘れない、といったニュアンスのものではなく、試練や失敗したときのこと、そして、どう乗り越えたかということ忘れてはいけない、という意味。

そして、人生には若年。中年、老年と3つの「初心」がある、とも言っているそうです。

人生それぞれに試練や失敗があり、それを糧にして成長しなさい、ということですね。

有頂天になったり、落胆したりといろいろなことがありますがこの「初心」を忘れないようにしたいものです。

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

リサイタルの動画②

リサイタルの動画の続きです。 宮城純一作曲 ラプソディをこわしちゃった 様々な「ラプソディ」を散りばめたとても楽しい曲です。 大場陽子作曲 「音楽」 石器時代の「音楽」の始まりから縄文時代の猛獣退散の儀式、そして弥生時代の五穀豊穣を祈る神楽の3曲からなる組曲です。 最初の曲では石や枝を叩いています。

リサイタルの動画①

10/9に開催したリサイタルの中から新曲4曲をYouTubeにアップしました。 とりあえず2曲 印刷〜雨の香り 幻想的な雰囲気の作品です。中間部の5拍子がカッコよくてお気に入りです。 くらりひょん 無伴奏ですが随所に面白い工夫があり、面白い作品です。