初心

初心忘るべからず

よく聴く言葉ですが、これはもともと世阿弥の言葉なのだそうです。

初心、というのは最初の志、と思われがちですが実は世阿弥の言う「初心」とはもっと深くて、未熟であったときの試練や失敗こそが「初心」なのだそうです。

夢を持つことを忘れない、といったニュアンスのものではなく、試練や失敗したときのこと、そして、どう乗り越えたかということ忘れてはいけない、という意味。

そして、人生には若年。中年、老年と3つの「初心」がある、とも言っているそうです。

人生それぞれに試練や失敗があり、それを糧にして成長しなさい、ということですね。

有頂天になったり、落胆したりといろいろなことがありますがこの「初心」を忘れないようにしたいものです。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

4月は2日に「春奏燗」演奏会、そして17日には生徒さんの発表会を開催しました。 主にTwitterとFacebookで報告をしていましたが2日の演奏会では多くの方にお越しいただき、差し入れもたくさん頂戴しました。ありがとうございました。 発表会の17日は私の誕生日でもあり、息子もこの発表会で初めて人前でピアノを弾いたりして嬉しい1日でした。 4月も後半に差し掛かり、吹奏楽コンクールの相談を受けるこ