初心

初心忘るべからず

よく聴く言葉ですが、これはもともと世阿弥の言葉なのだそうです。

初心、というのは最初の志、と思われがちですが実は世阿弥の言う「初心」とはもっと深くて、未熟であったときの試練や失敗こそが「初心」なのだそうです。

夢を持つことを忘れない、といったニュアンスのものではなく、試練や失敗したときのこと、そして、どう乗り越えたかということ忘れてはいけない、という意味。

そして、人生には若年。中年、老年と3つの「初心」がある、とも言っているそうです。

人生それぞれに試練や失敗があり、それを糧にして成長しなさい、ということですね。

有頂天になったり、落胆したりといろいろなことがありますがこの「初心」を忘れないようにしたいものです。

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

冬の目標

宮城県は今日明日と県のアンサンブルコンテスト。すべての演奏者の皆さんが努力の成果をいかんなく発揮できることを願っています。 今月は先月までと打って変わり、とても余裕のあるスケジュールで過ごしています。 6日は大郷町保健センターでアウトリーチをしてきました。とても喜んでいただけたようでした。帰りに「昔クラリネットを吹いていた」という方から声をかけられお話しました。 時間ができるとやりたいことも増えて

© 2014 by Mitsunori Kanou. Proudly created with Wix.com