刺激的な1週間でした

エニグムの演奏会から1週間あまりがすぎましたが、お越しいただいた皆様。ありがとうございました。

非常に緊張しましたがなんとか吹き終えました。

本番中、3枚のリードで吹いたのですが、最初のリードに裏切られ、デュファイではリードミスを連発。第2部で2番手のものに替えたものの今度はちょっとつまり気味。そして最後の数曲で3番手にかえたらなんとそれが今日の当たりでした。

本番中のアクシデントもいろいろありましたが総じて吹く方も楽しい本番でした。

エニグムが終わってからの2日間も落ち着くことなくバンド指導とひたすら春の祭典のスコアの勉強。頭が溶けそうでした。実はエニグムの演奏会の楽屋でも日比野先生に春の祭典の変拍子の分け方のアドバイスをもらい、指揮の練習をしていました。

そして土日は上野学園での指揮の講習会。

下野先生だけでもすごいのになんと高関健先生もゲストで来られてゴージャスな講習会でした。

変拍子のところは見事に撃沈。

でも前回に比べて少し冷静に振れた瞬間もあり、他の受講生の皆さんを見て感じることも前回以上にあったし、自分の弱点やなにを勉強したらいいかもいままで以上にクリアになってきました。指揮のテクニックの部分以前の音楽の理解とソルフェージュ、もっとイメージの引き出しを多く持つこと。前の時も同じことは感じていましたが、今回はそれがなぜこうなってしまうのか、ということの自己分析もできて、だから次はこうしようということまで考えられるようになってきました。

やっぱり芸大の指揮科の方々の指揮は見事で、曲が身体に入っている振り方とはこういうものかと実感しました。そして、最後に高関先生が「いけにえの踊り」を振ってみせてくださったのが圧巻。超一流のすごさを見せつけられました。まだその興奮が冷めません。

そういうわけで、帰ってきても勉強したくて仕方がなく、相当久しぶりのオフだった今日も雑用をする合間に楽器屋さんで曲の分析の勉強の本とスコアを購入。勉強したい本が山積みです。

明日からはバンド指導と依頼演奏が続きますが土日にもらってきたエネルギーを持続させながらがんばろうと思います。

それにしても5月中旬からブラームスのトリオを3回も本番し(2回は3、4楽章のみ)、エニグムの本番ではデュファイの1stを吹き、春の祭典を勉強し、振り、この上ないほど充実した音楽生活をさせていただいています。ありがたいです。

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

リサイタルの動画②

リサイタルの動画の続きです。 宮城純一作曲 ラプソディをこわしちゃった 様々な「ラプソディ」を散りばめたとても楽しい曲です。 大場陽子作曲 「音楽」 石器時代の「音楽」の始まりから縄文時代の猛獣退散の儀式、そして弥生時代の五穀豊穣を祈る神楽の3曲からなる組曲です。 最初の曲では石や枝を叩いています。

リサイタルの動画①

10/9に開催したリサイタルの中から新曲4曲をYouTubeにアップしました。 とりあえず2曲 印刷〜雨の香り 幻想的な雰囲気の作品です。中間部の5拍子がカッコよくてお気に入りです。 くらりひょん 無伴奏ですが随所に面白い工夫があり、面白い作品です。