グルウサン

このごろ、初心に返ってグルウサンの「クラリネット学習のための合理的原則」をやってます。

あらためてやると、いろいろな所に工夫があり、自分の音と向き合うのにすごく適しています。

高校生の頃、これが好きで毎日1ページやるのを日課にしていましたがここしばらく生徒さんのレッスンでもあまり取り上げることが少なくなっていました。

今回は純粋に自分の練習のためだけに引っ張りだしレッスンの前などに1ページ通します。自分の奏法のチェックをしばがらやると(噛まないこと、舌の位置)その後楽器の鳴りが全然違います。

思えばこれよりいいブレスコントロールの練習ってそうそうないんじゃないかと思います。

そして、僕のグルウサンは古いので(まだ日仏音楽出版のころ)本自体も大きいし(アイヒラーのスケールと同じサイズ)、巻頭のランスロ先生の写真もまだお若い。

8回の閲覧

最新記事

すべて表示

26のエチュード解説動画

公益財団法人 仙台市市民文化事業団の助成でこの度、ジャック・ランスロの26のエチュードの解説動画を制作しました。 6月から収録方法などテストを重ね、すこしずつ戻ってきた仕事と子育ての合間を縫って準備をしてきました。本格的に収録が始まったのは10月に入ってから。締め切りが今月末だったのでチェンバーや杜の室内楽と同時進行で先週辺りは気が変になりそうでした。 26曲のエチュードすべてに伴奏をつけています

モーツァルト

昨日、「杜の室内楽vol.13」終演しました。 お越しいただいた皆様、誠にありがとうございました。 モーツァルト、いろいろやらかしすぎて反省しています・・・ 音色だけはやっとイメージしていたものに近くなってきた気がします。

© 2014 by Mitsunori Kanou. Proudly created with Wix.com