年齢

毎週火曜日はサンリツ一番町センターでのレッスンです。

いまは4人の生徒さんが在籍していてそれぞれにがんばっています。

その中にIさんという現在80代の生徒さんがいらっしゃいます。

習いにきたときは70代の後半だったように思いますからかれこれ5、6年たちます。もちろん来た時は初心者。教える方も本当に大丈夫かなあという感じでした。やはり指がクラリネットの形を覚えるまでかなり時間がかかり、レッスンも試行錯誤の繰り返し。

でも、ある時期から感覚をつかまれたのかスムーズに音が出るようになり、いまは「愛の喜び」をつっかえながらでも演奏できるようになりました。

いつになっても衰えない向上心といい音が出た時の表情がステキなんです。

自ら東京に行った時に楽器店でリガチャーやマウスピースを選んで買ってくるほどです。

最近は音質がびっくりするほどよくなり、タンギングもきれいになりました。

Iさんをレッスンすると自分もまだまだうまくなれる、という勇気をもらえます。

いくつになってもあきらめないって大事なことですね。

17回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

助成金

今日、仙台市市民文化事業団に出していた助成金の採択の結果の連絡がありました。 無事採択されました。 10月にリサイタルをします。 詳細は近いうちに発表したいと思います。

練習の仕方

少し前、Twitterでこのようなツイートが流れてきました。 なんかの論文を読んだことがあるんですが、 “早いパッセージ” の練習は あり得ないほど遅く♩=40で何度も繰り返して手に感覚として馴染ませれば、 早く弾く練習って一切いらないって....書いてありました。 それを試したら、本当にそうでした。 以上転載 モトは https://twitter.com/mynamestsukasa/stat