読書の秋

秋になり、今月はお休みもちらほらあるし、半休も結構あるのでいろいろな勉強に精を出すつもりです。

夏休みぐらいから急に大河ドラマ「軍師官兵衛」を見だし、そして結構はまっています。

ドラマを見終わるとしばらくWikipediaで関連する情報を調べ、楽しんでいます。

そして、読書の秋、芸術の秋(食欲の秋は夏非常に太ったのでちょっとおあずけ)ということで昨日はまずCDを大人買い。ブルックナーとショスタコーヴィッチの交響曲全集、ベーレンの新版で録音したパーヴォ・ヤルヴィのベト7、そしてブルックナー同様下野先生が今月振る仙台フィル定期で聞くチェンバロ協奏曲を購入。

新しいCDを聞くと音楽する気持ちが俄然湧きます。

いまもブルックナーの0番を聞きながらブログ更新です。

読書も日々本を購入。

A Couse in Miraclesのテキスト、音楽理論の勉強の本。そして今度のホシヤマスペシャルコンサートに向けてトークのネタ探しに塩野七生さんのエッセイ「イタリア遺聞」。

加えて官兵衛から影響されて山岡荘八の大著、「徳川家康」を読み始めました。まだ家康が生まれる前のところですがなかなか面白い。

それに今日また新書で「小沢征爾 覇者の法則」「叱られる力」「ボクたちクラシックつながり」「ゆとり世代の愛国心」「地方消滅」を購入。

本は同時進行で数冊読むことにしているのでしばらく飽きなそうです。

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

実は思うところがあり、先月からFacebookをスマホから削除していました。 いわゆるSNS疲れというやつです。 週1ぐらいでMacから見るだけにしていましたが今日、思い切って利用解除しました。 このままアカウントを削除することも考えましたがFacebookだけで繋がっている方も多く、messengerだけでのやり取りの方も少なからずいるため、とりあえず残すことにしました。 Twitterは細々と

一昨日、吹奏楽コンクールの県大会がおわり、私のコンクールも終わりました。 お手伝いさせていただいた学校さんも代表がいくつか。 指導には伺っていませんがクラリネットの同門の友人がコンクールデビューでいきなり県代表をとったりして嬉しいニュースもありました。 自分の振った団体、1つめの東北学院大学は今年も残念ながら地区大会銀賞で県大会まで連れて行ってあげられませんでした。 ただ、春休みのバンドの状態を考