12月

12月も折り返しました。

今月は本番が続きますが一番大きな本番だったホシヤマさんでのコンサートも先週終わり、今週は火曜日保育園、水曜日小学校、木曜日中学校、金曜日高齢者施設ということで日に日に年齢層が上がる本番が続きます。

そして、土日は大崎地区、山形県の最北地区のアンコンの審査。

夏からの自分のテーマである「音を聞くこと」をいうシンプルなことを続けていたら、指揮も、レッスンも、演奏もちょっと変化してきたように思います。

そして、無性に指揮とソロの本番がしたくてうずうずしています。

指揮の本番は来週東北吹奏楽の日演奏会で1曲振りますが先日の練習も楽しくて仕方がないリハーサルでした。アナ雪のメドレー、はさま吹奏楽団でもやったものですがなかなかいいアレンジで飽きません。

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

リサイタルの動画②

リサイタルの動画の続きです。 宮城純一作曲 ラプソディをこわしちゃった 様々な「ラプソディ」を散りばめたとても楽しい曲です。 大場陽子作曲 「音楽」 石器時代の「音楽」の始まりから縄文時代の猛獣退散の儀式、そして弥生時代の五穀豊穣を祈る神楽の3曲からなる組曲です。 最初の曲では石や枝を叩いています。

リサイタルの動画①

10/9に開催したリサイタルの中から新曲4曲をYouTubeにアップしました。 とりあえず2曲 印刷〜雨の香り 幻想的な雰囲気の作品です。中間部の5拍子がカッコよくてお気に入りです。 くらりひょん 無伴奏ですが随所に面白い工夫があり、面白い作品です。