いわき、東京

いわき、東京と行ってきました。

いわきでは4校の小学校で演奏させていただきましたが、プログラムがちょっと大人向けすぎて学校さんによってはちょっと厳しい感じになってしまいました。また、寒い体育館で演奏してもあまり意味がない、ということを痛感する二日間でした。

いわきへは福島第一原発の近くを震災後は初めて通りました。

ものものしい雰囲気に言葉を失いました。かつて何歩も通った浪江、双葉、富岡の街がゴーストタウンになっている。

ひとつ、ちょっと安心したのは4校のうち、2校の校長先生に児童の体調に変化はありますか?

と質問してみたのですが、大丈夫です。とのこと。

いわきでの演奏を終えた後は一人いわき駅で降ろしてもらってスーパーひたちで上野へ。

妻と合流してオペラシティでの現代音楽の演奏会を聞きました。仲沼君の新作、ピアノの作品でしたが厚みのある響きの中で繊細さも感じられる曲でした。

そして、新宿で一泊して今日は都内をぶらぶら。学生時代に過ごした本郷の街を歩き、3月いっぱいで閉鎖になる「公設真砂市場」をのぞきました。すっかり寂れていましたがいまでもお弁当が300円。学生の頃は毎日ここのお弁当食べてました。時代の流れを感じますが閉鎖の前に見ておけてよかった。

疲れましたが充実したツアーでした。

ひとつ、お知らせがあります。

4月10日(金)ホシヤマさんを借り切って久しぶりにソロでの演奏会をすることにしました。

詳細はまたお知らせします。

4回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

リサイタルの動画②

リサイタルの動画の続きです。 宮城純一作曲 ラプソディをこわしちゃった 様々な「ラプソディ」を散りばめたとても楽しい曲です。 大場陽子作曲 「音楽」 石器時代の「音楽」の始まりから縄文時代の猛獣退散の儀式、そして弥生時代の五穀豊穣を祈る神楽の3曲からなる組曲です。 最初の曲では石や枝を叩いています。

リサイタルの動画①

10/9に開催したリサイタルの中から新曲4曲をYouTubeにアップしました。 とりあえず2曲 印刷〜雨の香り 幻想的な雰囲気の作品です。中間部の5拍子がカッコよくてお気に入りです。 くらりひょん 無伴奏ですが随所に面白い工夫があり、面白い作品です。