2月になり

日曜日、3月の「国連防災世界会議」のプレイベント「ひとのちから」で演奏してきました。

チェンバーです。

正直、震災関係のことを話しながらの本番は得意でないのでかなり緊張しました。

震災のことを話したくないのは自分のなかで割り切れていないことと、震災関係でいただく演奏のお話を結果的には多くさせていただいているのですがあまりそれをひけらかして話したくない、というのが正直なところです。

なので昨日も演奏はともかく、喋りは酷かったかもしれません。

聞いていただいた皆様、もし見ていたら演奏がまあまあだったことに免じてご容赦ください。

2月は本番もレッスンもそれほど多くはなく、ゆったりできそうです。

珍しく、練習したい病にかかっています。これは、本当に珍しいことです。

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

リサイタルの動画②

リサイタルの動画の続きです。 宮城純一作曲 ラプソディをこわしちゃった 様々な「ラプソディ」を散りばめたとても楽しい曲です。 大場陽子作曲 「音楽」 石器時代の「音楽」の始まりから縄文時代の猛獣退散の儀式、そして弥生時代の五穀豊穣を祈る神楽の3曲からなる組曲です。 最初の曲では石や枝を叩いています。

リサイタルの動画①

10/9に開催したリサイタルの中から新曲4曲をYouTubeにアップしました。 とりあえず2曲 印刷〜雨の香り 幻想的な雰囲気の作品です。中間部の5拍子がカッコよくてお気に入りです。 くらりひょん 無伴奏ですが随所に面白い工夫があり、面白い作品です。