ステマネ

昨日は妻の演奏会のステマネをしました。

ギターの佐藤正隆さんがゲストということでちょっと複雑なセッティングでしたがバミリ(配置の場所を事前にビニールテープでステージにマーキングしておくこと)をかなり細かくして、配置換えの練習もしたおかげで本番はスムーズにできました。

演奏もボッケリーニのギター五重奏曲ではチェロの塚野さんがカスタネットに持ち替え、華麗なファンダンゴを盛り上げました。

客席でリハーサルを聞きましたが弦楽四重奏は室内楽の王道でやっぱり奥深い。そして、難しいこともよく感じました。なんといってもベートーヴェンやモーツァルト、ブラームスなどなど、名だたる作曲家がレパートリーを残している、というのは本当にうらやましいことです。

さて、今日はこれからホシヤマサロンコンサートです。

フランセ吹きますがかなりドキドキです。

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

4月は2日に「春奏燗」演奏会、そして17日には生徒さんの発表会を開催しました。 主にTwitterとFacebookで報告をしていましたが2日の演奏会では多くの方にお越しいただき、差し入れもたくさん頂戴しました。ありがとうございました。 発表会の17日は私の誕生日でもあり、息子もこの発表会で初めて人前でピアノを弾いたりして嬉しい1日でした。 4月も後半に差し掛かり、吹奏楽コンクールの相談を受けるこ