上野へ

月曜日は上野学園大学の指揮科の授業に初めて出席しました。

聴講生も学生証がでるらしく、写真撮影をしました。この歳で学生証もらえるなんて感動。

週末のシェヘラザードのレッスン。やっぱり難しい曲。

そのまま1泊してよく朝アカデミアで楽譜を購入しました。年度内でベートーヴェンの交響曲をすべてとりあげるということでベーレンのミニチュアスコア、1番2番を購入。それと、クラリネットのソロで見たことがない、かつちょっとポップな雰囲気のものとジャンジャンの18のエチュードを楽譜にチャールズ・ナイディックが録音したCDがついたものを見つけたので録音聴きたさに購入。

帰りの新幹線でそのナイディックが書いたエチュードの序文を読んでいたら「とても音楽的なのでCDのアゴーギグを参考にしてほしい」とのこと。CDめちゃくちゃ上手い。あたりまえですが。2005年の多摩での国際クラリネットフェスティバルでたくさんの国際的な奏者の演奏を聴く中でこのナイディックさんとベルリンフィルのフックスさんが際立って素晴らしくて本当に感激したのを思い出します。

そして、仙台に帰って疲れが出たのか、水曜日の夜に急性咽頭炎で高熱を出してしまいました。

木曜日のエニグムの練習をお休みさせてもらい病院へ行き、とりあえずインフルエンザでないことを確認。もしインフルだったら週末の指揮講習会はおろか、エニグムの演奏会すら危なくなってしまいます。

そして木曜日は夕方までうちで寝て夕方ちょっとよくなったようなのでホシヤマスペシャルコンサートの司会は予定通りこなし、今日は個人レッスンだけだったので休養と明日からの講習会のための勉強。

急性咽頭炎は2度目です。

睡眠不足と飲酒が重なるとなりやすい。気をつけます。

というわけで万全の体調ではありませんが明日明後日、東京に行ってきます。

5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

リサイタルの動画②

リサイタルの動画の続きです。 宮城純一作曲 ラプソディをこわしちゃった 様々な「ラプソディ」を散りばめたとても楽しい曲です。 大場陽子作曲 「音楽」 石器時代の「音楽」の始まりから縄文時代の猛獣退散の儀式、そして弥生時代の五穀豊穣を祈る神楽の3曲からなる組曲です。 最初の曲では石や枝を叩いています。

リサイタルの動画①

10/9に開催したリサイタルの中から新曲4曲をYouTubeにアップしました。 とりあえず2曲 印刷〜雨の香り 幻想的な雰囲気の作品です。中間部の5拍子がカッコよくてお気に入りです。 くらりひょん 無伴奏ですが随所に面白い工夫があり、面白い作品です。