聴講生

10日ぶりの更新になりました。

手帳を見ると去年よりは忙しくなく、意外と元気です。

月1ペースで上野学園の指揮科の授業を聴講しているのですが今週のレッスンでは大河内雅彦先生のレッスンで私も振らせていただき、とても役に立つアドバイスをいくつももらうことができました。

やっぱり音のイメージが薄い、というのが課題。

聴講しているだけで充実した気持ち、というか、「音楽って素晴らしいなあ」「こういう勉強、したかった」という思いで幸せになります。

そしてまたそれを始動する学校さんに持っていけることが嬉しいです。

また、その上野学園で吹奏楽の指導者として有名な緒方まゆみ先生とご一緒させていただいています。レッスンの前後にいろいろお話させていただくのですが先生の本当に限りなく暖かいお人柄にすっかりトリコにされています。先生もいまでもソルフェージュを習っているとか。その謙虚さに本当にアタマが下がります。

8回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

助成金

今日、仙台市市民文化事業団に出していた助成金の採択の結果の連絡がありました。 無事採択されました。 10月にリサイタルをします。 詳細は近いうちに発表したいと思います。

練習の仕方

少し前、Twitterでこのようなツイートが流れてきました。 なんかの論文を読んだことがあるんですが、 “早いパッセージ” の練習は あり得ないほど遅く♩=40で何度も繰り返して手に感覚として馴染ませれば、 早く弾く練習って一切いらないって....書いてありました。 それを試したら、本当にそうでした。 以上転載 モトは https://twitter.com/mynamestsukasa/stat