聴講生

10日ぶりの更新になりました。

手帳を見ると去年よりは忙しくなく、意外と元気です。

月1ペースで上野学園の指揮科の授業を聴講しているのですが今週のレッスンでは大河内雅彦先生のレッスンで私も振らせていただき、とても役に立つアドバイスをいくつももらうことができました。

やっぱり音のイメージが薄い、というのが課題。

聴講しているだけで充実した気持ち、というか、「音楽って素晴らしいなあ」「こういう勉強、したかった」という思いで幸せになります。

そしてまたそれを始動する学校さんに持っていけることが嬉しいです。

また、その上野学園で吹奏楽の指導者として有名な緒方まゆみ先生とご一緒させていただいています。レッスンの前後にいろいろお話させていただくのですが先生の本当に限りなく暖かいお人柄にすっかりトリコにされています。先生もいまでもソルフェージュを習っているとか。その謙虚さに本当にアタマが下がります。

9回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

リサイタルの動画②

リサイタルの動画の続きです。 宮城純一作曲 ラプソディをこわしちゃった 様々な「ラプソディ」を散りばめたとても楽しい曲です。 大場陽子作曲 「音楽」 石器時代の「音楽」の始まりから縄文時代の猛獣退散の儀式、そして弥生時代の五穀豊穣を祈る神楽の3曲からなる組曲です。 最初の曲では石や枝を叩いています。

リサイタルの動画①

10/9に開催したリサイタルの中から新曲4曲をYouTubeにアップしました。 とりあえず2曲 印刷〜雨の香り 幻想的な雰囲気の作品です。中間部の5拍子がカッコよくてお気に入りです。 くらりひょん 無伴奏ですが随所に面白い工夫があり、面白い作品です。