審査員してきました

先週末は会津の吹奏楽コンクールの審査員に行ってきました。

どの団体も熱心に練習を重ねてきた演奏で正直、点数をつけるのにかなり迷いました。

代表になった皆さんのこの先の健闘をお祈りします。また、残念ながらここで終わってしまった皆さんもここで「終わり」ではなく、長い音楽人生のひとつ、これをさらに成長するチャンスと捉えてこれからの活動に役立ててほしいと思います。

審査をすると自分自身の勉強にもなります。

先生方の指揮を見ていると「自分もそうなっちゃうんだよなあ・・・」という点をたくさん見つけてしまいます。大振りしたり、明らかにバンドの音が聞こえていない感じで振っていたり、音楽と全く関係ないアクションや自己満足でやっている必要ないキュー出し。指揮って本当に難しいものです。でも、何人か本当に素晴らしい指揮をされていた先生もいらっしゃって、つくづく感心しました。

また、夜には田園風景を一望できるお店で素晴らしい食事をいただき、美味しい地酒を飲み、幸せなひとときでした。

他の審査員の方々とも親しくお話させていただき、昨年のスーパーバンド以来の小塚類先生とも再会できました。

ということで、今週もレッスン、レッスンです。

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

実は思うところがあり、先月からFacebookをスマホから削除していました。 いわゆるSNS疲れというやつです。 週1ぐらいでMacから見るだけにしていましたが今日、思い切って利用解除しました。 このままアカウントを削除することも考えましたがFacebookだけで繋がっている方も多く、messengerだけでのやり取りの方も少なからずいるため、とりあえず残すことにしました。 Twitterは細々と

一昨日、吹奏楽コンクールの県大会がおわり、私のコンクールも終わりました。 お手伝いさせていただいた学校さんも代表がいくつか。 指導には伺っていませんがクラリネットの同門の友人がコンクールデビューでいきなり県代表をとったりして嬉しいニュースもありました。 自分の振った団体、1つめの東北学院大学は今年も残念ながら地区大会銀賞で県大会まで連れて行ってあげられませんでした。 ただ、春休みのバンドの状態を考