審査員してきました

先週末は会津の吹奏楽コンクールの審査員に行ってきました。

どの団体も熱心に練習を重ねてきた演奏で正直、点数をつけるのにかなり迷いました。

代表になった皆さんのこの先の健闘をお祈りします。また、残念ながらここで終わってしまった皆さんもここで「終わり」ではなく、長い音楽人生のひとつ、これをさらに成長するチャンスと捉えてこれからの活動に役立ててほしいと思います。

審査をすると自分自身の勉強にもなります。

先生方の指揮を見ていると「自分もそうなっちゃうんだよなあ・・・」という点をたくさん見つけてしまいます。大振りしたり、明らかにバンドの音が聞こえていない感じで振っていたり、音楽と全く関係ないアクションや自己満足でやっている必要ないキュー出し。指揮って本当に難しいものです。でも、何人か本当に素晴らしい指揮をされていた先生もいらっしゃって、つくづく感心しました。

また、夜には田園風景を一望できるお店で素晴らしい食事をいただき、美味しい地酒を飲み、幸せなひとときでした。

他の審査員の方々とも親しくお話させていただき、昨年のスーパーバンド以来の小塚類先生とも再会できました。

ということで、今週もレッスン、レッスンです。

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

助成金

今日、仙台市市民文化事業団に出していた助成金の採択の結果の連絡がありました。 無事採択されました。 10月にリサイタルをします。 詳細は近いうちに発表したいと思います。

練習の仕方

少し前、Twitterでこのようなツイートが流れてきました。 なんかの論文を読んだことがあるんですが、 “早いパッセージ” の練習は あり得ないほど遅く♩=40で何度も繰り返して手に感覚として馴染ませれば、 早く弾く練習って一切いらないって....書いてありました。 それを試したら、本当にそうでした。 以上転載 モトは https://twitter.com/mynamestsukasa/stat