ヒント

連日、吹奏楽のレッスンをしていますが、やっていると試行錯誤の中でいいヒントを思いつくことがあります。

今日も、中音域でリードミスを多発してしまうという中学生の指導中に「リードの先端だけを振動させるつもりで」というアドバイスをしたらとてもスムーズに吹けるようになりました。

 必死に吹いているとくわえ方が深く、かつ強くなりリードミスが多くなることがあります。

「深くくわえた方が鳴る」ような気がするのはイメージ的に分かるのですが実はリードは先端だけを振動させるつもりで吹いた方が音がよくまとまり効率よく鳴ります。リードは先端だけを鳴らすつもりで吹いても全体が振動しています。イメージを「先端の振動が全体に伝わる」という風にした方が「リードのより広い面に対して息をを当てて振動させる」よりも合理的です。

 真ん中のシ♭(実音As)を伸ばすだけでリードミスが出てしまうような時にはこのアドバイスはおすすめです。もしそのような状態で困っている生徒さんがいたらこのアイディア、使ってみてください。

6回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

助成金

今日、仙台市市民文化事業団に出していた助成金の採択の結果の連絡がありました。 無事採択されました。 10月にリサイタルをします。 詳細は近いうちに発表したいと思います。

練習の仕方

少し前、Twitterでこのようなツイートが流れてきました。 なんかの論文を読んだことがあるんですが、 “早いパッセージ” の練習は あり得ないほど遅く♩=40で何度も繰り返して手に感覚として馴染ませれば、 早く弾く練習って一切いらないって....書いてありました。 それを試したら、本当にそうでした。 以上転載 モトは https://twitter.com/mynamestsukasa/stat