ブラームス

だいぶ先の話ですが来年の2月末にうちの奥様とチェロの塚野さんが主宰している「杜の室内楽」演奏会にださせていただくことになりました。

曲は・・・ブラームスのクインテット!

これでブラームスのクラリネット作品、全部やったことになります。

先々週、東京に行った時に銀座のヤマハでヘンレ版のパート譜を買い、うちにあるCDを改めて調べてみたら10枚近くあることが分かりました。ブラームスのクインテットはモーツァルトと一緒かブラームスの他のと一緒なことが多く、いつも聞き流す程度でしたが、改めて聴いてみるとすごいエネルギーを持った作品です。

10月は本番が続きますがその合間をみてちょっとずつ復習っています。

A管、もうちょっと音程いいといいのに・・・なんて思いながら。

詳しく決まったらまたお知らせします。

会場はパトナホールです。それも楽しみ。

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

リサイタルの動画②

リサイタルの動画の続きです。 宮城純一作曲 ラプソディをこわしちゃった 様々な「ラプソディ」を散りばめたとても楽しい曲です。 大場陽子作曲 「音楽」 石器時代の「音楽」の始まりから縄文時代の猛獣退散の儀式、そして弥生時代の五穀豊穣を祈る神楽の3曲からなる組曲です。 最初の曲では石や枝を叩いています。

リサイタルの動画①

10/9に開催したリサイタルの中から新曲4曲をYouTubeにアップしました。 とりあえず2曲 印刷〜雨の香り 幻想的な雰囲気の作品です。中間部の5拍子がカッコよくてお気に入りです。 くらりひょん 無伴奏ですが随所に面白い工夫があり、面白い作品です。