トリオコンサート

昨日トリオコンサート終わりました。

お越しいただいた皆様、ありがとうございました。

上手に演奏する、ということは本当に難しいものです。

今回、久しぶりに無伴奏をいれたことも収穫で、共演者のいない一人での演奏は表現について自分の底の浅さを感じるきっかけにもなりましたし、それをなんとかするために試行錯誤することもできました。

ファリャヘのオマージュとはもうちょっと付き合っていこうかと思います。

昨日は仙台フィルの打楽器奏者、三科さんのお別れの会でもありました。リハーサルの前に参列しました。

9月12日に53歳の若さで急逝されたのですが、にわかには信じることができず、昨日もまだ信じられない、というのが正直なところでした。

三科さんは音楽ユニオンの東北地方本部の前任の事務局長で、とてもお世話になりました。

いろいろと教えてもらうことも多かったし、私が事務局長になってからも大会の時など温かく応援してくれていたことを思い出します。

多くの人に愛されていたことがよくわかるお別れの会でした。

謹んでご冥福をお祈りします。これまで、ありがとうございました。

32回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

助成金

今日、仙台市市民文化事業団に出していた助成金の採択の結果の連絡がありました。 無事採択されました。 10月にリサイタルをします。 詳細は近いうちに発表したいと思います。

練習の仕方

少し前、Twitterでこのようなツイートが流れてきました。 なんかの論文を読んだことがあるんですが、 “早いパッセージ” の練習は あり得ないほど遅く♩=40で何度も繰り返して手に感覚として馴染ませれば、 早く弾く練習って一切いらないって....書いてありました。 それを試したら、本当にそうでした。 以上転載 モトは https://twitter.com/mynamestsukasa/stat