アンコン審査


17日は宮城の仙南地区大会、18日は秋田の県南支部の横手大会のアンサンブルコンテストの審査をさせていただきました。

仙南地区は大河原のえずこホールが会場。

そのあと、秋田への移動の都合であえて車を使わず、東北本線で大河原へ。

普段だったらまず使わない電車に乗れてちょっとワクワクしました。

両日ともいい演奏をたくさん聞けて楽しく、かつ勉強になりました。

特に横手の大会は金管楽器のレベルがとても高くて素晴らしい演奏が続きました。

そして、心から音楽を楽しんでいるという雰囲気が演奏から溢れていてこの頃少し忘れかけていたものを思いださせてもらうことができました。時々審査員であることを忘れて聞き入ることもしばしば。

あれだけのレベルを維持されている先生方、生徒さんには心から敬意と感謝を表したいと思います。

そして、両日とも審査員の中で一番下っ端ということで閉会式の講評を述べさせていただきました。

何度やっても苦手ですが今年はだいぶ噛まずに話せるようになった気がします。

そして、月曜日はユニオン全国本部の運営委員会に出席。

運営委員になってまもなく2年、もっとちゃんと働かないと、という思いを新たにしました。

今年もあと10日あまり。まだまだソロコンなどもあり、それなりに忙しくしていますがあと一息がんばります。

110回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

助成金

今日、仙台市市民文化事業団に出していた助成金の採択の結果の連絡がありました。 無事採択されました。 10月にリサイタルをします。 詳細は近いうちに発表したいと思います。

練習の仕方

少し前、Twitterでこのようなツイートが流れてきました。 なんかの論文を読んだことがあるんですが、 “早いパッセージ” の練習は あり得ないほど遅く♩=40で何度も繰り返して手に感覚として馴染ませれば、 早く弾く練習って一切いらないって....書いてありました。 それを試したら、本当にそうでした。 以上転載 モトは https://twitter.com/mynamestsukasa/stat