アウトリーチ研修

昨日今日は県の文化振興財団のアウトリーチ研修に行ってきました。

毎年アウトリーチをはじめ多くの学校さんに演奏に伺いますがいつもプログラムや進め方など、試行錯誤の連続で悩みは尽きません。

今回の研修は以前もお世話になった上田のサントミューゼのコーディネーターの小澤さん、演劇の内藤さん、ピアニストの仲道郁代さんのお話、ワークショップ体験など。

仲道郁代さんによる体験型と鑑賞型の中間をいくワークショップは示唆に富んだもので素晴らしい内容でした。

その前の内藤さんのお話の中にあったアウトリーチの3本柱「教えない、訓練をしない、達成を目指さない」を音楽を通して実践されており楽しくもあり、また、人間の感性の多様性にハッとさせられたりしました。

同じ曲を聴いても受ける印象は真逆だったりするし、いままで自分になかった要素としては「他の人がどのように感じたか」を慮ること。これは目からウロコでした。

そして、最後に演奏してくだったら英雄ポロネーズに感動でした。

研修は明日までなのですが私はレッスンの都合で途中までの参加。

さすがにちょっと頭が疲れたのでレッスンの休憩に最近お気に入りのドトールのフォンダンショコラを。この冬のちょっとしたマイブームです。

36回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

助成金

今日、仙台市市民文化事業団に出していた助成金の採択の結果の連絡がありました。 無事採択されました。 10月にリサイタルをします。 詳細は近いうちに発表したいと思います。

練習の仕方

少し前、Twitterでこのようなツイートが流れてきました。 なんかの論文を読んだことがあるんですが、 “早いパッセージ” の練習は あり得ないほど遅く♩=40で何度も繰り返して手に感覚として馴染ませれば、 早く弾く練習って一切いらないって....書いてありました。 それを試したら、本当にそうでした。 以上転載 モトは https://twitter.com/mynamestsukasa/stat