アウトリーチ研修

昨日今日は県の文化振興財団のアウトリーチ研修に行ってきました。

毎年アウトリーチをはじめ多くの学校さんに演奏に伺いますがいつもプログラムや進め方など、試行錯誤の連続で悩みは尽きません。

今回の研修は以前もお世話になった上田のサントミューゼのコーディネーターの小澤さん、演劇の内藤さん、ピアニストの仲道郁代さんのお話、ワークショップ体験など。

仲道郁代さんによる体験型と鑑賞型の中間をいくワークショップは示唆に富んだもので素晴らしい内容でした。

その前の内藤さんのお話の中にあったアウトリーチの3本柱「教えない、訓練をしない、達成を目指さない」を音楽を通して実践されており楽しくもあり、また、人間の感性の多様性にハッとさせられたりしました。

同じ曲を聴いても受ける印象は真逆だったりするし、いままで自分になかった要素としては「他の人がどのように感じたか」を慮ること。これは目からウロコでした。

そして、最後に演奏してくだったら英雄ポロネーズに感動でした。

研修は明日までなのですが私はレッスンの都合で途中までの参加。

さすがにちょっと頭が疲れたのでレッスンの休憩に最近お気に入りのドトールのフォンダンショコラを。この冬のちょっとしたマイブームです。

36回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

オフ

今日はオフ。コロナになってからはオフも多かったのですが今日は家族はそれぞれ保育園やリハーサルで1人のオフ。午前中は日帰り温泉でサウナ(このごろちょっとはまっている)。午後は家庭の買い物をし、車を近所のガソリンスタンドで洗車してもらい、合間にうちでアイロンがけと読書。 音楽に関係したことはしませんでしたが充実した休日でした。 文化庁の継続支援事業の補助金の事業報告がミスの連続で修正につづ修正。つくづ

冬の目標

宮城県は今日明日と県のアンサンブルコンテスト。すべての演奏者の皆さんが努力の成果をいかんなく発揮できることを願っています。 今月は先月までと打って変わり、とても余裕のあるスケジュールで過ごしています。 6日は大郷町保健センターでアウトリーチをしてきました。とても喜んでいただけたようでした。帰りに「昔クラリネットを吹いていた」という方から声をかけられお話しました。 時間ができるとやりたいことも増えて

© 2014 by Mitsunori Kanou. Proudly created with Wix.com