2つのクラリネットクインテット

今日はクラリネットアンサンブル・エニグムのリハーサル。

演奏会は6月7日です。

今年はドヴォルザークの弦楽四重奏曲「アメリカ」がメイン。

「こけし」と「エニグム」、どちらもクラリネット五重奏で同じ編成ですが、面白いことにカラーがかなり違っています。

 どちらが良い、ということではなくて、響の感じがなんとなく違っていたり、音楽のテンポ感やフレーズ感など、微妙に違っています。

 ざっくり言うと勢いがあって元気なエニグム。落ち着いた音楽のこけし。といった感じでしょうか。

来週はこけしのリハも始まります。

ぜひ、この4月と6月聴き比べをなさってはいかがでしょうか?

新鮮な感動があること請け合いです。

60回の閲覧

最新記事

すべて表示

26のエチュード解説動画

公益財団法人 仙台市市民文化事業団の助成でこの度、ジャック・ランスロの26のエチュードの解説動画を制作しました。 6月から収録方法などテストを重ね、すこしずつ戻ってきた仕事と子育ての合間を縫って準備をしてきました。本格的に収録が始まったのは10月に入ってから。締め切りが今月末だったのでチェンバーや杜の室内楽と同時進行で先週辺りは気が変になりそうでした。 26曲のエチュードすべてに伴奏をつけています

モーツァルト

昨日、「杜の室内楽vol.13」終演しました。 お越しいただいた皆様、誠にありがとうございました。 モーツァルト、いろいろやらかしすぎて反省しています・・・ 音色だけはやっとイメージしていたものに近くなってきた気がします。

© 2014 by Mitsunori Kanou. Proudly created with Wix.com