お祝い

この一週間は慌ただしく過ぎて行きました。

月曜日に東京から戻り、火曜日は午前中ある高校でのレッスンから午後はサンリツ一番町センターでのレッスン。

水曜日は恩師、千石進先生の仙台フィル卒団の弟子主催のお祝いパーティーでした。

思えば、高校生でクラリネットを始めてすぐの時から習いはじめ、はや四半世紀近くで経ちました。ずっと先生の背中を追い続けたクラリネット人生でした。

私の生徒だった加藤君を除けばこけしクインテットは全員千石先生の門下生。エニグムの加茂さんはじめ、千石先生のところからプロになった人の多いことを考えると、先生の大きさを改めて感じます。

1996年から千石先生の門下生で13年間開催していた「クラリネットサマーコンサート」を通して門下生も皆んな仲良しなのでパーティーはさながら同窓会のようでした。

パーティーは仙台市内のホテルで開催されました。こけしクインテットでも演奏。

サンリツの松浦社長、初代門下生の五十嵐先生、そしてN響の伊藤さんがスピーチ。最後には先生の指揮でサマーコンサートでアンコールとして演奏していたグランドマンのカプリスを演奏。

とても楽しい会でした。

でも、これから仙台フィルを聞きに行っても先生がいないと思うと、寂しさを感じます。

そして、翌日はこけしクインテットのリハーサル。ベルガマスク組曲の編曲をお願いした作曲家の大場陽子さんに来ていただきて意見交換をしながらのリハーサルとなりました。

大場陽子さんの編曲のベルガマスク、素晴らしいです。

金曜日は大崎へ。4/2のこけし大崎公演の会場打ち合わせ。

土曜日は上野山小学校のバンドの卒業コンサートでした。中学生、高校生の教え子もたくさん来てくれて、とても楽しい一日でした。

先生でもないのにこんな思いをさせてもらえて、本当に幸せです。

というわけで、ここからこけしのコンサートまで休みなしですががんばります。

120回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

リサイタルの動画②

リサイタルの動画の続きです。 宮城純一作曲 ラプソディをこわしちゃった 様々な「ラプソディ」を散りばめたとても楽しい曲です。 大場陽子作曲 「音楽」 石器時代の「音楽」の始まりから縄文時代の猛獣退散の儀式、そして弥生時代の五穀豊穣を祈る神楽の3曲からなる組曲です。 最初の曲では石や枝を叩いています。

リサイタルの動画①

10/9に開催したリサイタルの中から新曲4曲をYouTubeにアップしました。 とりあえず2曲 印刷〜雨の香り 幻想的な雰囲気の作品です。中間部の5拍子がカッコよくてお気に入りです。 くらりひょん 無伴奏ですが随所に面白い工夫があり、面白い作品です。