top of page

クラリネットのチューニング

音程で悩む人が多いこの季節。意外ときちんと知られていないクラリネットのチューニング方法を掲載します。

以前はあまり管を抜かないほうが良いと思っていたのですが某メーカーの楽器の取扱説明書を読んでみたらご丁寧にチューニングの仕方が書いてあり、この写真にあるような内容でした。なので最近は考えを改め、多少は抜いてチューニングしています。

写真の「とりあえず」から下は叶の考えです。基本的には解放のソを吹いてバレルと上管を。上のドを吹いて上管と下管を調整すれば大丈夫です。下のドと上のソは意外と合わせにくいのでここも確認しておく。

でも、チューニングは楽器の問題だけではないのであくまでソルフェージュが第一であることは忘れない。

リードは抵抗がなさすぎるとピッチが下がり、抵抗がありすぎると高くなりやすいので中庸(この見極めが難しいけど)で。

それと、コルクが見えるほど抜いている場合はリードや奏法に問題があることも多いのでジョイントを抜くことだけに頼らないこと。

それと、あまりにも暑い環境で442にするのが難しいときは基準を443とか444にしちゃうのもアリ。合奏だと鍵盤とずれてしまいますが、エアコンが入った場所で442に合うようにするためには仕方ない、と割り切る。

暑いところで無理に下げようとすると逆に奏法に負担が来て本番で低くなったりコンディションが崩れることもあります。

閲覧数:242回0件のコメント

最新記事

すべて表示

盛岡レッスン会のご案内

2,3月と盛岡レッスン会を開催します! 2月24日(土) 3月23日(日) それぞれ10:00〜16:00 レッスン料 個人 45分7,000円 個人 60分8,000円 グループ(3名以上)90分 15,000円 グループ(3名以上)120分 18,000円 会場は盛岡市のチャバタケドアーズさん https://chabatakedoors.com/ 申し込みはこちらのフォームから承ります。 h

あけましておめでとうございます

もう一週間以上経ってしまいましたが新年あけましておめでとうございます。 2024年は年男です。とにかく体に気をつけて生活していこうと思います。 2023年は指導している4つのバンドや学校にエネルギーを注いだ1年でした。 特に東北学院大学SWEは新キャンパス開学で勢いがつき、古川SWも一気に人数が増え、どちらも成長した1年でした。 自分の演奏面では久しぶりにこけしクラリネットクインテットとくらりんっ

盛岡レッスン会

11月5日、盛岡市でレッスン会をします! 会場 茶畑ドアーズ 岩手県盛岡市茶畑2丁目24-10 詳細はこちら https://chabatakedoors.com/course/item/?course_id=course_20230905_158715188764f6daac924e9 ご参加、お待ちしております!

bottom of page