top of page

岩の上の羊飼い

仙台シューマン協会の第111回演奏会でシューベルトのクラリネットつき歌曲「岩の上の羊飼い」を角田由喜さん、岩倉敦子さんとご一緒させていただきました!

シューベルト、これで4度目のはず。

個人的にはいままでこの曲を吹いた中では一番マトモだってのではないかと…最後の難しいところを転ばすにいけた、という意味で。

本当に美しい曲でソプラノとクラリネットの掛け合いがタマラナイ。

ソプラノの角田さんも素晴らしく、こちらもテンションが上がりました。

さて、この「岩上」、次はいつ吹けるかな?

閲覧数:154回0件のコメント

最新記事

すべて表示

先日、音楽高校を受験した生徒さんから無事合格の連絡をいただきました。 小学校4年生からずっとレッスンしてきましたがなんとこの度東京藝大の附属高校に。 小学生のころから高校生顔負けの演奏をしていてレッスンではこちらがいつも感心することばかりでしたが昨年からは東京の先生にもレッスンを受けるようになり、さらに安定感も増してきていました。 いつも頑張る様子をみていただけに、感慨もひとしおでした。 今年はも

bottom of page