岩の上の羊飼い

仙台シューマン協会の第111回演奏会でシューベルトのクラリネットつき歌曲「岩の上の羊飼い」を角田由喜さん、岩倉敦子さんとご一緒させていただきました!

シューベルト、これで4度目のはず。

個人的にはいままでこの曲を吹いた中では一番マトモだってのではないかと…最後の難しいところを転ばすにいけた、という意味で。

本当に美しい曲でソプラノとクラリネットの掛け合いがタマラナイ。

ソプラノの角田さんも素晴らしく、こちらもテンションが上がりました。

さて、この「岩上」、次はいつ吹けるかな?

142回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

リサイタルの動画②

リサイタルの動画の続きです。 宮城純一作曲 ラプソディをこわしちゃった 様々な「ラプソディ」を散りばめたとても楽しい曲です。 大場陽子作曲 「音楽」 石器時代の「音楽」の始まりから縄文時代の猛獣退散の儀式、そして弥生時代の五穀豊穣を祈る神楽の3曲からなる組曲です。 最初の曲では石や枝を叩いています。

リサイタルの動画①

10/9に開催したリサイタルの中から新曲4曲をYouTubeにアップしました。 とりあえず2曲 印刷〜雨の香り 幻想的な雰囲気の作品です。中間部の5拍子がカッコよくてお気に入りです。 くらりひょん 無伴奏ですが随所に面白い工夫があり、面白い作品です。