2ヶ月4スタンスをやってみて

一昨日の4スタンスの記事、やっぱり反響があり、4スタンスへが注目されていることを改めて感じました。

後日談で、泉谷先生のお宅に伺った翌日とその翌日、一緒に行った生徒さんのレッスンがありました。二人ともなんだか別人のように演奏が積極的になり、表情まで良くなったようでした。自分に合ったことができるっていうのは本当に素晴らしいことです。

昨日は大崎市の楽器別講習会でフルートの櫻井先生と講師控え室でずっとお話しました。

各タイプの特徴を改めて聞いて音楽にどう活かすかを確認できました。

少し誤解して覚えていた点もあり、よりクリアになりました。

4スタンスを始めて2ヶ月。

いまの感想です。

・判定はとにかく慎重に。リポーズしてからじゃないと逆が出てしまう。

・最終的には本人の「居心地の良さ、動かしやすさ、音の響きや演奏のスムーズさ」が大事なので何より自分の感覚を信じること。

・これを始めて良かったことの一つは「どうしても合わない人」に優しくなれたこと。

・アレクサンダーテクニークはAタイプ向きのような気がする。

・自分のタイプに合わせた動きや姿勢をするとベストパフォーマンスになるけど音楽の性格によっては一時的ほかのタイプの動きになることで音色を変えたりできる。

・ほかのタイプの人と合わせるときもこれば必要。

また随時追加します。

223回の閲覧

最新記事

すべて表示

モーツァルト

昨日、「杜の室内楽vol.13」終演しました。 お越しいただいた皆様、誠にありがとうございました。 モーツァルト、いろいろやらかしすぎて反省しています・・・ 音色だけはやっとイメージしていたものに近くなってきた気がします。

© 2014 by Mitsunori Kanou. Proudly created with Wix.com