シャガール

B2改めA1となり、2日が過ぎました。

早速、昨日のレッスンからAっぽい姿勢を試したところ、生徒さんにも「その方が音が良い」とのこと。

骨の歪みとは恐ろしいものでなんだか身体がよく動いて怖いぐらいです。立ったときの感覚が違っていていままでの歪みを痛感してます。

で、例の右手はというと、進展ありでした。流石にいきなり完治、ということはなく一歩前進という感じです。正直楽器をどう持つのがいいのかも試行錯誤してます。

エクササイズもいい感じで続けています。

ところで、一昨日東京の帰り、東京駅ステーションギャラリーでシャガール展を見てきました。

自分へのお土産にポストカードとブックマークとクリアファイル。

シャガールの色づかいかとても好きです。

展覧会でも、引き込まれてしまいました。

美術館に行くと、最初は自分が絵を見ることになかなか慣れずしっくりこないのですがある作品でビビっと来てしまうと絵の世界に入ってしまい、他の絵もじっくり味わえるようになります。

今回も右側のポストカードの道化師の絵の生命力が凄くて(実物はとても大きくて近くに寄ると絵の具がすごい盛ってあって迫力があります)その絵に釘付けになりました。そうしたら他の絵も自然に目に入ってくるようになり、一度順路を戻って再度鑑賞しました。

55回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

リサイタルの動画②

リサイタルの動画の続きです。 宮城純一作曲 ラプソディをこわしちゃった 様々な「ラプソディ」を散りばめたとても楽しい曲です。 大場陽子作曲 「音楽」 石器時代の「音楽」の始まりから縄文時代の猛獣退散の儀式、そして弥生時代の五穀豊穣を祈る神楽の3曲からなる組曲です。 最初の曲では石や枝を叩いています。

リサイタルの動画①

10/9に開催したリサイタルの中から新曲4曲をYouTubeにアップしました。 とりあえず2曲 印刷〜雨の香り 幻想的な雰囲気の作品です。中間部の5拍子がカッコよくてお気に入りです。 くらりひょん 無伴奏ですが随所に面白い工夫があり、面白い作品です。