思い出す

今日はサンリツ一番町センターでのレッスン。

レッスンの合間にドビュッシーのラプソディとストラヴィンスキーの3つの小品をさらいました。

別に本番があるわけではないのですが、時々昔たくさんさらった曲を練習することで音色のイメージとか、感覚を思い出せます。

どちらも素晴らしい作品です。

今吹くと前は気づかなかった楽譜の意図を考えたり、またイメージが膨らみます。

また人前でやりたい。

レッスン前は家族でお買い物とランチに行きました。

前から気になっていた長町のお蕎麦やさん「おおわ田」さんに。

赤ちゃんがいるのにとても親切。

そして、お蕎麦、美味しい!

幸せに気持ちになりました。

46回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

リサイタルの動画②

リサイタルの動画の続きです。 宮城純一作曲 ラプソディをこわしちゃった 様々な「ラプソディ」を散りばめたとても楽しい曲です。 大場陽子作曲 「音楽」 石器時代の「音楽」の始まりから縄文時代の猛獣退散の儀式、そして弥生時代の五穀豊穣を祈る神楽の3曲からなる組曲です。 最初の曲では石や枝を叩いています。

リサイタルの動画①

10/9に開催したリサイタルの中から新曲4曲をYouTubeにアップしました。 とりあえず2曲 印刷〜雨の香り 幻想的な雰囲気の作品です。中間部の5拍子がカッコよくてお気に入りです。 くらりひょん 無伴奏ですが随所に面白い工夫があり、面白い作品です。