今季唯一の審査

今日は秋田県横手市でアンコンの審査でした。

横手地区の中学校と県南支部の高校、という分け方なんだそうです。

特に高校の部で素晴らしい演奏が多く、悩みました。

今日改めて大切だと思ったのはソルフェージュが出来ている演奏と出来ていない演奏では心に響き方が全然違うこと。

「音楽をする」ことの大切さ。いかに一本調子にならないようにするか。和音、リズム、音色などいろいろな手段で。

とても勉強になりました。

演奏された皆さん大変お疲れさまでした。

役員の皆さま、お世話になりました。ありがとうございました!

57回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

助成金

今日、仙台市市民文化事業団に出していた助成金の採択の結果の連絡がありました。 無事採択されました。 10月にリサイタルをします。 詳細は近いうちに発表したいと思います。

練習の仕方

少し前、Twitterでこのようなツイートが流れてきました。 なんかの論文を読んだことがあるんですが、 “早いパッセージ” の練習は あり得ないほど遅く♩=40で何度も繰り返して手に感覚として馴染ませれば、 早く弾く練習って一切いらないって....書いてありました。 それを試したら、本当にそうでした。 以上転載 モトは https://twitter.com/mynamestsukasa/stat