今季唯一の審査

今日は秋田県横手市でアンコンの審査でした。

横手地区の中学校と県南支部の高校、という分け方なんだそうです。

特に高校の部で素晴らしい演奏が多く、悩みました。

今日改めて大切だと思ったのはソルフェージュが出来ている演奏と出来ていない演奏では心に響き方が全然違うこと。

「音楽をする」ことの大切さ。いかに一本調子にならないようにするか。和音、リズム、音色などいろいろな手段で。

とても勉強になりました。

演奏された皆さん大変お疲れさまでした。

役員の皆さま、お世話になりました。ありがとうございました!

57回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

リサイタルの動画②

リサイタルの動画の続きです。 宮城純一作曲 ラプソディをこわしちゃった 様々な「ラプソディ」を散りばめたとても楽しい曲です。 大場陽子作曲 「音楽」 石器時代の「音楽」の始まりから縄文時代の猛獣退散の儀式、そして弥生時代の五穀豊穣を祈る神楽の3曲からなる組曲です。 最初の曲では石や枝を叩いています。

リサイタルの動画①

10/9に開催したリサイタルの中から新曲4曲をYouTubeにアップしました。 とりあえず2曲 印刷〜雨の香り 幻想的な雰囲気の作品です。中間部の5拍子がカッコよくてお気に入りです。 くらりひょん 無伴奏ですが随所に面白い工夫があり、面白い作品です。