レッスンの楽しさ

かれこれクラリネットや音楽を教える仕事を初めて17年経ちますがこのところ、レッスンが面白い。(それがコンテストの結果となって返ってくるかということとは関係ないけど)

生徒さんと問題意識を共有し、そしてそれに対してアドバイスすることで生徒さん自身が自分で自分のしたい演奏の形を見つけていく。

アドバイスは最近やっている4スタンスなどのフィジカルなことや楽器のテクニカルな面だったら、音楽的なことだったりするけど、それが伝わったときの喜びはひとしおです。

最終的には答えは演奏する作品の中にあって、それを掘り起こしていくのもまた楽しいプロセスです。

先生と生徒ってそうやって一緒に勉強していくものなんですね。

最近、昔何かで読んだエッセイに「レッスンは感性への問いかけ」という言葉をよく思い出します。どんどん問いかけていかねば。自分の感性も磨きつつ。

91回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

助成金

今日、仙台市市民文化事業団に出していた助成金の採択の結果の連絡がありました。 無事採択されました。 10月にリサイタルをします。 詳細は近いうちに発表したいと思います。

練習の仕方

少し前、Twitterでこのようなツイートが流れてきました。 なんかの論文を読んだことがあるんですが、 “早いパッセージ” の練習は あり得ないほど遅く♩=40で何度も繰り返して手に感覚として馴染ませれば、 早く弾く練習って一切いらないって....書いてありました。 それを試したら、本当にそうでした。 以上転載 モトは https://twitter.com/mynamestsukasa/stat