レッスンの楽しさ

かれこれクラリネットや音楽を教える仕事を初めて17年経ちますがこのところ、レッスンが面白い。(それがコンテストの結果となって返ってくるかということとは関係ないけど)

生徒さんと問題意識を共有し、そしてそれに対してアドバイスすることで生徒さん自身が自分で自分のしたい演奏の形を見つけていく。

アドバイスは最近やっている4スタンスなどのフィジカルなことや楽器のテクニカルな面だったら、音楽的なことだったりするけど、それが伝わったときの喜びはひとしおです。

最終的には答えは演奏する作品の中にあって、それを掘り起こしていくのもまた楽しいプロセスです。

先生と生徒ってそうやって一緒に勉強していくものなんですね。

最近、昔何かで読んだエッセイに「レッスンは感性への問いかけ」という言葉をよく思い出します。どんどん問いかけていかねば。自分の感性も磨きつつ。

91回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

リサイタルの動画②

リサイタルの動画の続きです。 宮城純一作曲 ラプソディをこわしちゃった 様々な「ラプソディ」を散りばめたとても楽しい曲です。 大場陽子作曲 「音楽」 石器時代の「音楽」の始まりから縄文時代の猛獣退散の儀式、そして弥生時代の五穀豊穣を祈る神楽の3曲からなる組曲です。 最初の曲では石や枝を叩いています。

リサイタルの動画①

10/9に開催したリサイタルの中から新曲4曲をYouTubeにアップしました。 とりあえず2曲 印刷〜雨の香り 幻想的な雰囲気の作品です。中間部の5拍子がカッコよくてお気に入りです。 くらりひょん 無伴奏ですが随所に面白い工夫があり、面白い作品です。