4スタンス勉強会

昨日は生徒さん7名と一緒に勉強会をしました。

4スタンスマスター級トレーナーの泉谷地春先生とN響の伊藤圭さんをお招きして4時間、みっちりやりました。

当初の予定では前半を4スタンス、後半を伊藤先生の公開レッスンのつもりでいたものの、4スタンスで話が盛り上がってしまい、結局4スタンスで最後までいってしまいました。

タイプの前にやはり「きちんと立つ」ことが大事。

そして、生徒さんたちの変化をみんなで感じながらの充実して内容となりました。

途中、何度かディスカッションになり、話しているうちに分かったのですがクラリネットは右手の親指がAタイプには苦しくできているようです。親指の上に指かけを置いた時に親指か反るとほかの指も固定されてしまいます。

これは大きな発見でした。

・吹くまえに体のセンターで楽器と身体をセットアップすること。

・A1はみぞおちに目があるようなつもりで吹くと良い(A2はみぞおちの背中側から前をみるような感じ、B1は首の背中側から前を見るように、B2は首の前側)

・両手の圧力を同じにした時に力まずパワーが出る。

などなど、素晴らしいアドバイスをたくさんいただきました。

生徒さんたちも満足だったようです。

そして、夜はこけしクインテットのメンバーと新年会。泉谷先生にもご一緒していただけたので話題は当然4スタンス。

盛り上がりました。

161回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

リサイタルの動画②

リサイタルの動画の続きです。 宮城純一作曲 ラプソディをこわしちゃった 様々な「ラプソディ」を散りばめたとても楽しい曲です。 大場陽子作曲 「音楽」 石器時代の「音楽」の始まりから縄文時代の猛獣退散の儀式、そして弥生時代の五穀豊穣を祈る神楽の3曲からなる組曲です。 最初の曲では石や枝を叩いています。

リサイタルの動画①

10/9に開催したリサイタルの中から新曲4曲をYouTubeにアップしました。 とりあえず2曲 印刷〜雨の香り 幻想的な雰囲気の作品です。中間部の5拍子がカッコよくてお気に入りです。 くらりひょん 無伴奏ですが随所に面白い工夫があり、面白い作品です。