久しぶりに4スタンスネタ

今日はチェンバーのリハーサルでした。

ここ数日、本番やらリハーサルが続いていて普段の練習では気づけないことに気づいています。また、アンコンの東北大会の高校の部を聞いて4スタンスなんか知らないであろう高校生活たちが見事にそれぞれのタイプの動き、姿勢をして吹いていたことに触発されました。

それに、先週のセミナーでのお話も含めるとまた納得なことが続きました。

箇条書きにすると

・座奏のときに股関節を緩めるイメージを持つ

(これはAタイプの場合です。Bタイプだったらみぞおちを緩めるといいと思います)この感覚がつかめると演奏していて疲れにくくなります。今日初めてこの感覚を持てたのでこれから慣れていこうと思ってます。

・クロスタイプ(A1,B2)は手首を掌屈(内側に曲げる)パラレル(A2,B1)は逆に背屈にすると楽。

・クロスタイプの方が演奏中の動きが大きくなりやすい。

・これらの特徴はその人がストレスなくやっていればそうしようと思わなくても自然にそうなる。まずは体幹トレーニングをして身体が自然な動きになるようにすることが大事。身体が歪んでいるのに末端だけを変えようとするとうまくいかないことがある。

・やっぱり普段から体幹から使えるようにリポーズトレーニングを重ねることが重要。

早くプレイヤー級を取りたいですが…6月まで講座と自分の予定が合わない…

73回の閲覧

最新記事

すべて表示

26のエチュード解説動画

公益財団法人 仙台市市民文化事業団の助成でこの度、ジャック・ランスロの26のエチュードの解説動画を制作しました。 6月から収録方法などテストを重ね、すこしずつ戻ってきた仕事と子育ての合間を縫って準備をしてきました。本格的に収録が始まったのは10月に入ってから。締め切りが今月末だったのでチェンバーや杜の室内楽と同時進行で先週辺りは気が変になりそうでした。 26曲のエチュードすべてに伴奏をつけています

モーツァルト

昨日、「杜の室内楽vol.13」終演しました。 お越しいただいた皆様、誠にありがとうございました。 モーツァルト、いろいろやらかしすぎて反省しています・・・ 音色だけはやっとイメージしていたものに近くなってきた気がします。

© 2014 by Mitsunori Kanou. Proudly created with Wix.com