富谷

昨日のミュージックフェスタ、いい本番でした。トリオもいい感じでしたがオケと合唱のステージが感動的でした。

南相馬の小高中学校の平成24年度の卒業生が作った「群青」は本当にいい歌で歌詞を聴くと涙が出てしまって吹けないので本番必死に歌詞を聞かないようにしました。

また、いつも幼稚園でリクエストされる「にじ」も大人が歌うと歌詞の意味が感じられて素敵でした。いい歌ですね。心が暖かくなります。

また、低弦が活躍する門脇治先生の編曲も素晴らしい。

市民歌も楽しい曲でした。クラリネットのパートは上のGまで出てくるハードなアレンジでしたが…

いい本番でした。

来年は蔵王町だそうです。

そして、来年度からこのコンサートの主催者、県の芸術協会の洋楽部の運営委員になります。

何ができるかわかりませんががんばります。

46回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

リサイタルの動画②

リサイタルの動画の続きです。 宮城純一作曲 ラプソディをこわしちゃった 様々な「ラプソディ」を散りばめたとても楽しい曲です。 大場陽子作曲 「音楽」 石器時代の「音楽」の始まりから縄文時代の猛獣退散の儀式、そして弥生時代の五穀豊穣を祈る神楽の3曲からなる組曲です。 最初の曲では石や枝を叩いています。

リサイタルの動画①

10/9に開催したリサイタルの中から新曲4曲をYouTubeにアップしました。 とりあえず2曲 印刷〜雨の香り 幻想的な雰囲気の作品です。中間部の5拍子がカッコよくてお気に入りです。 くらりひょん 無伴奏ですが随所に面白い工夫があり、面白い作品です。