うたうということ

最近、生徒さんのレッスンでテーマになることが多い「うたう」ということについて。

「うまくうたって吹けない」という相談をよくされます。

うたう、というのはどういうこと?

と逆に質問をすると

「よくわからない」

という答えと

「強弱が…」

という答えが返ってきます。

残念ながら強弱だけで「うたう」ことを表現するのは難しい。学校吹奏楽の現場では何でも強弱でやろうとする傾向が見られますが強弱だけで音楽を表現するのは不可能。

うたう、というのはやはり、ソルフェージュが基本にあって、吹きながら心の中で音楽が流れていて、そしてその音楽のイメージに近い形で実際に音が出ることだと思います。

ソルフェージュ。音程やリズムだけでなく、音色、息のスピード、和声感や拍子感などをより具体的にイメージして、自分のハートが喜ぶ吹き方、音になっているか。

自分のハートが喜んでいるかは吹いている本人が一番分かるはず。

自分が納得できるまで何度も繰り返し吹いてみる。いろいろ試しながらさらう。

そのイメージに近づくためのリードであり、楽器であり、マウスピース、リガチャー、そしてアンブシュアだったり息だったり…トライアンドエラーを繰り返しながら自分の「これだ!」というところを見つける。

なので「うたう」というのは取りも直さず自分の心と向き合うこと。

思うように歌えない、というときは実は自分のハートを喜ばせていないということなのかもしれません。

287回の閲覧

最新記事

すべて表示

モーツァルト

昨日、「杜の室内楽vol.13」終演しました。 お越しいただいた皆様、誠にありがとうございました。 モーツァルト、いろいろやらかしすぎて反省しています・・・ 音色だけはやっとイメージしていたものに近くなってきた気がします。

半年ぶり

今日は東北学院大学のレッスンでした。 実に半年ぶり。 この間、学生たちとはzoomで楽典の勉強会をしたり、打ち合わせを進めてきましたがやっと合奏です。 いまは今月と来月初旬の本番にむけた練習で学生指揮者が振るのでその指導ですが12月下旬に定期演奏会を予定しています。 さて、オータムミュージックフェスタもいよいよ明後日になりました。 今日は当日配信を担当してくれるイトオンさんが会場に行って打ち合わせ

© 2014 by Mitsunori Kanou. Proudly created with Wix.com