うたうということ

最近、生徒さんのレッスンでテーマになることが多い「うたう」ということについて。

「うまくうたって吹けない」という相談をよくされます。

うたう、というのはどういうこと?

と逆に質問をすると

「よくわからない」

という答えと

「強弱が…」

という答えが返ってきます。

残念ながら強弱だけで「うたう」ことを表現するのは難しい。学校吹奏楽の現場では何でも強弱でやろうとする傾向が見られますが強弱だけで音楽を表現するのは不可能。

うたう、というのはやはり、ソルフェージュが基本にあって、吹きながら心の中で音楽が流れていて、そしてその音楽のイメージに近い形で実際に音が出ることだと思います。

ソルフェージュ。音程やリズムだけでなく、音色、息のスピード、和声感や拍子感などをより具体的にイメージして、自分のハートが喜ぶ吹き方、音になっているか。

自分のハートが喜んでいるかは吹いている本人が一番分かるはず。

自分が納得できるまで何度も繰り返し吹いてみる。いろいろ試しながらさらう。

そのイメージに近づくためのリードであり、楽器であり、マウスピース、リガチャー、そしてアンブシュアだったり息だったり…トライアンドエラーを繰り返しながら自分の「これだ!」というところを見つける。

なので「うたう」というのは取りも直さず自分の心と向き合うこと。

思うように歌えない、というときは実は自分のハートを喜ばせていないということなのかもしれません。

287回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

助成金

今日、仙台市市民文化事業団に出していた助成金の採択の結果の連絡がありました。 無事採択されました。 10月にリサイタルをします。 詳細は近いうちに発表したいと思います。

練習の仕方

少し前、Twitterでこのようなツイートが流れてきました。 なんかの論文を読んだことがあるんですが、 “早いパッセージ” の練習は あり得ないほど遅く♩=40で何度も繰り返して手に感覚として馴染ませれば、 早く弾く練習って一切いらないって....書いてありました。 それを試したら、本当にそうでした。 以上転載 モトは https://twitter.com/mynamestsukasa/stat