top of page

音を取りにいく

先日ご紹介したルネ・マルタン氏の本から感銘を受けた言葉です。感銘をうけたのでご紹介します。

「音がこちらに向かってくるのを待っているのではなく、自分から音を取りに行かなければいけません」 

「クラシックのコンサートではまず音楽の前提として沈黙を作り出し、聴衆の方から音を聴きにいくわけです〜中略〜人間らしい繊細な感覚とそれに連動する豊かな心の動きを回復するためにはまず沈黙があって自分から音を取りにいくということをしなければいけない。それがあるからクラシック音楽は人間性を豊かさを回復する役割を持っているのです」

閲覧数:39回0件のコメント

最新記事

すべて表示

長きにわたって使っていたメールアドレスsolfamusica~を今月いっぱいで解約することになりました。 すでに昨年から新しいメールアドレスをメインに使っています。 ご連絡いただいたのにメールが返ってきた、という方はこのホームページの「お問い合わせ」やSNS(facebook,twitter)からご連絡ください。

bottom of page