アンブシュアについて

ここ最近のレッスンで話していることです。

・アンブシュアの役割は「リードをマウスピースに近づけること」

・その役割を下唇の筋肉をつかって行うと良い奏法になり、下唇が脱力して顎の力を使う(歯で噛む)ようにすると演奏にいろいろな問題が発生する。よくあるのは クラリオン音域はうるさいぐらい鳴り、低音がボソボソ。上の音域が出ない。音程がやたら高くなる。これらはほとんど下唇がちゃんと使えていない。

・下唇の使い方と息の使い方は車の両輪。どちらか片方でも上手くいっていないと演奏は上手くいかない。

・下唇の筋肉は普段使わないので敢えてトレーニングする必要がある。

・下唇が使えるようになると硬いリードが吹けるようになる。(リードの番号は実は「厚さ」ではなく「硬さ」)

です。備忘録的に書いてみました。参考になれば幸いです。

閲覧数:67回0件のコメント

最新記事

すべて表示

4月は2日に「春奏燗」演奏会、そして17日には生徒さんの発表会を開催しました。 主にTwitterとFacebookで報告をしていましたが2日の演奏会では多くの方にお越しいただき、差し入れもたくさん頂戴しました。ありがとうございました。 発表会の17日は私の誕生日でもあり、息子もこの発表会で初めて人前でピアノを弾いたりして嬉しい1日でした。 4月も後半に差し掛かり、吹奏楽コンクールの相談を受けるこ