アンブシュアについて

ここ最近のレッスンで話していることです。

・アンブシュアの役割は「リードをマウスピースに近づけること」

・その役割を下唇の筋肉をつかって行うと良い奏法になり、下唇が脱力して顎の力を使う(歯で噛む)ようにすると演奏にいろいろな問題が発生する。よくあるのは クラリオン音域はうるさいぐらい鳴り、低音がボソボソ。上の音域が出ない。音程がやたら高くなる。これらはほとんど下唇がちゃんと使えていない。

・下唇の使い方と息の使い方は車の両輪。どちらか片方でも上手くいっていないと演奏は上手くいかない。

・下唇の筋肉は普段使わないので敢えてトレーニングする必要がある。

・下唇が使えるようになると硬いリードが吹けるようになる。(リードの番号は実は「厚さ」ではなく「硬さ」)

です。備忘録的に書いてみました。参考になれば幸いです。

閲覧数:68回0件のコメント

最新記事

すべて表示

実は思うところがあり、先月からFacebookをスマホから削除していました。 いわゆるSNS疲れというやつです。 週1ぐらいでMacから見るだけにしていましたが今日、思い切って利用解除しました。 このままアカウントを削除することも考えましたがFacebookだけで繋がっている方も多く、messengerだけでのやり取りの方も少なからずいるため、とりあえず残すことにしました。 Twitterは細々と

一昨日、吹奏楽コンクールの県大会がおわり、私のコンクールも終わりました。 お手伝いさせていただいた学校さんも代表がいくつか。 指導には伺っていませんがクラリネットの同門の友人がコンクールデビューでいきなり県代表をとったりして嬉しいニュースもありました。 自分の振った団体、1つめの東北学院大学は今年も残念ながら地区大会銀賞で県大会まで連れて行ってあげられませんでした。 ただ、春休みのバンドの状態を考