初演

今日は「東北の作曲家2019」で門脇治先生の作品を初演させていただきました。

無伴奏です。

パトナホールの音響を考えて作られたそうで、ステージ上に7本の譜面台を離して設置、移動しながら演奏するという作品でした。

グリッサンドや重音も多用されている上に普段使わない高音の連続でアンブシュアの修行になりました。

とても気に入ったのでまた演奏したいです。

今週はハード。明日は福島県で午前中復興コンサートをしてから仙台に帰りリハーサル、そのまま岩手に移動して明後日の奥州ジュニアプラスと登米ジュニア吹奏楽団のリハーサル。

明後日はその本番で指揮、金曜日は4回目となる「田子西音楽ひろば」です。

54回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

助成金

今日、仙台市市民文化事業団に出していた助成金の採択の結果の連絡がありました。 無事採択されました。 10月にリサイタルをします。 詳細は近いうちに発表したいと思います。

練習の仕方

少し前、Twitterでこのようなツイートが流れてきました。 なんかの論文を読んだことがあるんですが、 “早いパッセージ” の練習は あり得ないほど遅く♩=40で何度も繰り返して手に感覚として馴染ませれば、 早く弾く練習って一切いらないって....書いてありました。 それを試したら、本当にそうでした。 以上転載 モトは https://twitter.com/mynamestsukasa/stat