初演

今日は「東北の作曲家2019」で門脇治先生の作品を初演させていただきました。

無伴奏です。

パトナホールの音響を考えて作られたそうで、ステージ上に7本の譜面台を離して設置、移動しながら演奏するという作品でした。

グリッサンドや重音も多用されている上に普段使わない高音の連続でアンブシュアの修行になりました。

とても気に入ったのでまた演奏したいです。

今週はハード。明日は福島県で午前中復興コンサートをしてから仙台に帰りリハーサル、そのまま岩手に移動して明後日の奥州ジュニアプラスと登米ジュニア吹奏楽団のリハーサル。

明後日はその本番で指揮、金曜日は4回目となる「田子西音楽ひろば」です。

54回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

古川シンフォニックウインズについて

3年前からお世話になっている古川シンフォニックウインズの来年度への打ち合わせがありました。 一応この春で最初の任期を満了し、ありがたくもまた3年間、お世話になることになりました。 そして、肩書きが「音楽監督」になります。やることの内容は変わりません。ですが新たにトレーナーを迎えて指導陣が増えたので上に押しやられた、という感じでしょうか。それでも、バンドの音楽面に対して責任を負うことには変わらないの

オンラインレッスン

2月も中旬となりました。 日曜日はアンサンブルコンテストの東北大会があります。 今週はある団体をオンラインでレッスンしました。オンラインでアンサンブルのレッスンをするのは初めてでしたがなんとかいい感じでできました。 オンラインでのレッスンで重要だと感じているのはレッスンの進め方。演奏を中断して欲しいときになかなか声が届かなかったりすることもあるので「AからCまで」のようにどこまで演奏して欲しいかを

© 2014 by Mitsunori Kanou. Proudly created with Wix.com