初演

今日は「東北の作曲家2019」で門脇治先生の作品を初演させていただきました。

無伴奏です。

パトナホールの音響を考えて作られたそうで、ステージ上に7本の譜面台を離して設置、移動しながら演奏するという作品でした。

グリッサンドや重音も多用されている上に普段使わない高音の連続でアンブシュアの修行になりました。

とても気に入ったのでまた演奏したいです。

今週はハード。明日は福島県で午前中復興コンサートをしてから仙台に帰りリハーサル、そのまま岩手に移動して明後日の奥州ジュニアプラスと登米ジュニア吹奏楽団のリハーサル。

明後日はその本番で指揮、金曜日は4回目となる「田子西音楽ひろば」です。

54回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

リサイタルの動画②

リサイタルの動画の続きです。 宮城純一作曲 ラプソディをこわしちゃった 様々な「ラプソディ」を散りばめたとても楽しい曲です。 大場陽子作曲 「音楽」 石器時代の「音楽」の始まりから縄文時代の猛獣退散の儀式、そして弥生時代の五穀豊穣を祈る神楽の3曲からなる組曲です。 最初の曲では石や枝を叩いています。

リサイタルの動画①

10/9に開催したリサイタルの中から新曲4曲をYouTubeにアップしました。 とりあえず2曲 印刷〜雨の香り 幻想的な雰囲気の作品です。中間部の5拍子がカッコよくてお気に入りです。 くらりひょん 無伴奏ですが随所に面白い工夫があり、面白い作品です。