コンクールを聞いて

August 8, 2014

今日は午前中合宿関係の事務作業をし、午後はイズミティへ。

ちょうど雨の酷い時間についてしまい、さんざんな目にあいました。

 

中学校小編成を何団体かきかせていただきました。

いろいろな感想を持ったけど、やっぱり指揮から音楽を感じるかどうかは重要な要素だなと改めて思いました。

このところコンクールでは指揮をしていなくて、いろいろなところで「今年は振らないんですか?」と毎年のように聞かれますがその度ごとに「このスケジュールではとても一つの団体に時間を割けないので・・・」と答えてきました。実はこの数年にも一般や高校からオファーはあったのですがお断りしてきました。

ですが、ここ2年ほど、指揮の勉強を改めて本格的に始めて指導先の先生方にも指揮のアドバイスをさせていただくようになり、曲のアナリーゼに関しても特に音楽の先生ほど好意的に取り入れてくださるのでだんだんと「自分でも振りたい」という気持ちが出てきました。はさま吹奏楽団はいまコンサートだけの活動をすることになっているのでコンクールに出ましょう、と提案はしていますが中心のメンバーの皆さんがそれぞれの職場で重要なポジションにあったりして忙しく、また若い人も少なく、なかなか厳しい状況です。

まあ、振らせてくれるところがあればですが。

若い頃、中途半端に引き受けてしまったために多くの方々にご迷惑をかけてしまった経験が何度もあるので今度やるなら中途半端にはしたくないと思っています。

 

 

Please reload

Search By Tags
Please reload

January 24, 2020

January 21, 2020

January 13, 2020

December 27, 2019

December 24, 2019

December 19, 2019

December 14, 2019

December 7, 2019

December 2, 2019

Please reload

© 2014 by Mitsunori Kanou. Proudly created with Wix.com