再びこちらで更新

サイトの方に「古いブログは使用できなくなりました」との表示があったので再びこの新ブログを使います。


世の中コロナウイルスの話題で騒然としていますがコンサート関係も中止にする話が聞こえてくるようになりました。これからさらにいろいろ出てくるでしょう。長期化すれば吹奏楽コンクールだって危ないのかもしれない。このまま長期化するようだったら音楽で生きていくことももう難しくなるのかもしれない。

でも、命あってのものなので皆さんくれぐれも用心しましょう。


先日古川SWの練習で今年の吹奏楽コンクールの課題曲1〜4を合奏しました。どれも手応えのある作品ばかり。特に3「僕らのインベンション」は面白くてさすがと思わせる場所がたくさんありました。

実際にどれを演奏するかはまだわかりませんが課題曲の練習が始まるとワクワクしますね。コロナウイルス、早く収束しますように。


26回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

リサイタルの動画②

リサイタルの動画の続きです。 宮城純一作曲 ラプソディをこわしちゃった 様々な「ラプソディ」を散りばめたとても楽しい曲です。 大場陽子作曲 「音楽」 石器時代の「音楽」の始まりから縄文時代の猛獣退散の儀式、そして弥生時代の五穀豊穣を祈る神楽の3曲からなる組曲です。 最初の曲では石や枝を叩いています。

リサイタルの動画①

10/9に開催したリサイタルの中から新曲4曲をYouTubeにアップしました。 とりあえず2曲 印刷〜雨の香り 幻想的な雰囲気の作品です。中間部の5拍子がカッコよくてお気に入りです。 くらりひょん 無伴奏ですが随所に面白い工夫があり、面白い作品です。