お寺で教会音楽

火、水、木とチェンバーの本番でした。火曜日は吹奏楽で有名な向陽台小学校の6年生の PTA行事で。水曜日は電力スクールコンサートで石巻小学校1年生から6年生まで。今日は火曜日の向陽台のお隣、東向陽台小学校で1年生だけを対象にした文化庁の派遣公演。

今日の公演では「気球に乗ってどこまでも」を演奏しました。自分でも小学校時代に何度も歌った歌ですがチェンバーでは初。なんだかすごく感動してしまいました。やっぱり名曲です。歌詞も旋律も希望に溢れていて美しい。

そして、明日は泉区の林泉寺で「伽藍deコンサート」に出演します。

すごいタイトルで「お寺で教会音楽」。

こういうことができる日本って素晴らしい。

今回はエニグムの加茂さん、澄枝さんがお仕事で都合が悪いので佐藤由紀さん西峰里美さんが客演できてくれています。お二人とも若手で勢いがあり、多いに刺激されております。

そこにピアノで日比野先生の奥様、メゾソプラノの菊池万希子さんもごご一緒していただき、フォーレの「ピエ・イエズ」など、美しいレパートリーも取り上げます。

今日は夕方からお寺でリハーサルでした。かなりしっかりしたPAも入っていて大きなイベントです。

楽しみです。

20回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

リサイタルの動画②

リサイタルの動画の続きです。 宮城純一作曲 ラプソディをこわしちゃった 様々な「ラプソディ」を散りばめたとても楽しい曲です。 大場陽子作曲 「音楽」 石器時代の「音楽」の始まりから縄文時代の猛獣退散の儀式、そして弥生時代の五穀豊穣を祈る神楽の3曲からなる組曲です。 最初の曲では石や枝を叩いています。

リサイタルの動画①

10/9に開催したリサイタルの中から新曲4曲をYouTubeにアップしました。 とりあえず2曲 印刷〜雨の香り 幻想的な雰囲気の作品です。中間部の5拍子がカッコよくてお気に入りです。 くらりひょん 無伴奏ですが随所に面白い工夫があり、面白い作品です。